映像を音にする男、通称”カントク”。

12歳の時に最初の映画を製作し、同時に作曲を始める。
映画では、高い評価を得た「ワンカラット」を始め、十数本を監督。音楽では、数々のバンドを経て、2010年にソロプロジェクトCUBRICKを始動。

作詞・作曲・編曲・歌を全て一人で行なう。誰にも語ることのない人の心の中の情景を描き、音に手触りや感触を求め、一つ一つの音を丹念に編み上げた鋭利なサウンドが特徴。